ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

『redo.me.uk』がサイトをパクっているのではなくユーザー自身がサイトをコピーしてしまっているのかも

f:id:maekeeeeen:20150714053348j:plain

出典:http://redo.me.uk/

先日、『redo.me.uk』は不特定多数のサイトをパクってけしからん、と書きました。

 

しかし、ネット上の色々な書き込みを読んでいくと、『redo.me.uk』がパクっているのではなく、ユーザーが自分から『redo.me.uk』を利用してサイトのコピーを作っている可能性がでてきました。

 

自分自身でサイトをコピーしてしまっていないか?

Twitterやブログで自分のサイトが『redo.me.uk』にパクられていないかの確認手順として、『ttp://redo.me.uk/ocxbn/(頭の"h"は外しています)』の後ろに確認したいサイトのURLをつける、という内容が出回っています。

 

しかし、実際は『ttp://redo.me.uk/ocxbn/(サイトURL)』にアクセスした時点でサイトをコピーしてしまうようです。
パクられていないか確認するためにやった事が、結果として自分でサイトをコピーしてしまっているようなのです。

 

ちなみに、Googleにインデックスされているかの確認は以下をアドレスバーに貼り付けて下さい。

site:http://redo.me.uk/ocxbn/(サイトURL)

 

Twitter、某掲示板の書き込み

 

 

 

f:id:maekeeeeen:20150714034116p:plain

出典:有名サイトを丸ごとコピーし自分の広告貼り付け 日本のサイトが被害受ける [663621836]

 

クローラを使って片っ端から自動でコピーしているのではなさそうな感じです。

 

現時点でできる対策

現時点では、Apacheの『.htaccess』の編集にて対策するのが良いようです。

ただ、この『.htaccess』の編集は、レンタルサーバなら可能な所が多いですが、ブログサービス等では編集できません。

 

サイトにGoogleアドセンスの広告を貼っている方は、アドセンスもコピーされていますので、最悪不正利用と判断されてアカウント停止になる恐れがありますので、以下の対策をオススメします。

 

Google Adsense管理画面より、画面右上にある『歯車アイコン』 > 『設定』をクリックします。

アクセスと認証』 > 『サイトの認証』をクリックします。

自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する』にチェックを入れ、自分のサイトURLを入力して『保存』します。

f:id:maekeeeeen:20150714050446p:plain

 

某掲示板には以下のような書き込みが。

f:id:maekeeeeen:20150714053829p:plain

出典:有名サイトを丸ごとコピーし自分の広告貼り付け 日本のサイトが被害受ける [663621836]

 

Googleアドセンスを利用している方は、取り急ぎ上記対策を実施しておきましょう。