ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

『redo.me.uk』が大規模かつ無差別にコンテンツをパクッている

f:id:maekeeeeen:20150712053734j:plain

ここ最近、『redo.me.uk』という海外のサイトが、色々なサイトのコンテンツを丸ごとパクっているという話題が出ています。

 

『redo.me.uk』について

redo.me.uk』を知ったきっかけは三十路男さんのブログのこの記事でした。

 

サイトがパクられているかどうかは、『ttp://redo.me.uk/ocxbn/(頭の"h"は外しています)』の後ろに確認したいサイトのURLをつければ確認できます。

2015/07/14追記

やっちゃダメです。
URLを入力してEnterキーを押した時点で、サイトがコピーされちゃいます。

ここのような弱小ブログまでパクっていました。

自分でコピーしたかもしれません。

f:id:maekeeeeen:20150712060053p:plain

 

先月末に始めたブログまでパクられています。

f:id:maekeeeeen:20150712060407p:plain

 

誰もが知っているサイトまでパクっている

Google

f:id:maekeeeeen:20150712060531p:plain

 

Yahoo!

f:id:maekeeeeen:20150712060648j:plain

ニュース記事をクリックすると、ブラウザ『FireFox』の機能で偽装サイトと判断してブロックしました。

f:id:maekeeeeen:20150712061131p:plain

 

楽天

楽天の場合は、下記のように自社のシステムから警告画面を表示させていました。

f:id:maekeeeeen:20150712061256j:plain

 

『redo.me.uk』と気づかずに引用している

redo.me.uk』にパクられたサイトURLと気づかずに、記事内の出典や引用元に使用しているケースも多く見られました。

f:id:maekeeeeen:20150712061602j:plain

 

そもそもは短縮URLサービス?

今から6年7ヶ月前に、短縮URLに変換するサイト『redo.me.uk』を開始しました、という書き込みがありました。

f:id:maekeeeeen:20150712045306p:plain

 

当初はよくある短縮URLのサイトで、途中からこのようなコピーサイトに変わったのでしょうか?
そして、無差別に大量にコンテンツをコピーする目的は何なんでしょうか?
一刻も早くGoogleが対策してくれる事を望みます。

 

2015/07/14追記

別の見方がでてきたので記事を書きました。