ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

里親募集で譲り受けた人間不信な子猫が時々やらかしてくれる件

f:id:maekeeeeen:20150614230915j:plain

我が家には10年前からアメリカンショートヘアのメス猫がいますが、3年前にもう1匹猫を飼おう、という話になり、せっかくならペットショップからではなく、保護猫を譲り受けよう、という事になりました。

 

里親募集サイトで一目ぼれ

猫を保護しているボランティア団体のサイトで0歳のオス猫(雑種)の写真を見て嫁さんが『めちゃくちゃかわいい!』と一目ぼれ
既に去勢手術、予防接種も実施されているとの事。
メールで連絡をとり、我が家(大阪)から保護されている方の家(神戸)まで会いにいきました。

保護されている方に話を聞くと、近所の公園で保護されたらしいのですが、人間にいたずらされたみたいで少し人間不信になっている、との事でした。
飼い育てる意思がある事を先方に伝え、後日我が家の見学を兼ねて猫を送り届けてくれる、という事になり、この日は引き上げました。

 

実際に飼育してみて

f:id:maekeeeeen:20150614230438j:plain

正式に譲り受け、まずはケージの中に入れて先住猫との様子を数日観察。
子猫に興味津々な先住猫のアプローチ?もあってか、徐々に先住猫と打ち解けてきたので数日後にケージを取っ払いました。
しかし、こやつを放し飼いにした瞬間からいろいろとやらかしてくれたのです。

 

雷にビビって失禁事件

ある日、豪雨とともに激しい雷が鳴りって、恐怖のあまり低姿勢の状態で猫ハウスに駆け込み『ワオーン、ワオーン』と低い鳴き声を出してうずくまり、そのまま放尿。
うずくまったまま放尿するものだから、お腹がオシッコでベチャベチャ。
すぐに風呂場でシャワーを浴びさせた後の写真がコレ。

f:id:maekeeeeen:20150614233427j:plain

まだ、雷が鳴っていたので怖がって耳が平らになっています。

 

2015年6月15日追記

前日、大阪では激しい雨とたまに雷が鳴っていて、案の定『ワオーン、ワオーン』と鳴いていました。
今朝、ふと猫ハウスに近づくとオシッコ臭い!?
やらかしていました。
放っとくわけにはいかないので、朝のクソ忙しい時間ですが何とかシャンプーしました。
雷を怖がるチキンハートにはほとほと困ります・・・。

 

掛け布団に謎のシミ事件

当時は次男(この記事投稿時点で1歳3か月)が産まれる前で、長男と親子3人川の字になって和室で寝ていました。
猫達も和室に入ってきて、誰かしらの掛け布団の上で寝ていました。
ある時、掛け布団が何か匂う、よく見ると黄色いシミがあちこちに。
そうです、スプレー行為です。

また不安なときや新入りの猫ちゃんが現れたときにするのが、スプレーと呼ばれるいつもより濃いおしっこをかけるマーキングです。去勢していないオスがやることが多いですが、時には去勢したオスやメスにもみられます。

 出典:猫ちゃんのマーキングとスプレーの意味|猫のおしっこ雑学(排泄にまつわる雑学辞典)|教えて猫ノート 猫のお悩みスッキリ解決!

 

これに気づいたのが深夜3時頃。
共働きで当然2人とも朝から仕事ですが、布団を放置しておくわけにはいかず、風呂場で掛け布団を洗い、干し終わったのが4時前でした・・・。

 

寝ている長男のまわりに謎の物体事件

次男が産まれ、長男は自分の部屋で寝るようになりました。
ある日の深夜、長男が寝ぼけながら『何かわからんけど変やねん。何かわからんけど部屋に来て』と。
ただならぬ様子に若干ビビリながら長男の部屋に行き部屋の電気をつけると考えられない光景が。
敷布団の上に、長男が寝ていたであろう場所を囲むように、まるで埋葬者を囲む埴輪の如くうんこが複数落ちていたのです。
これも深夜、せっせと風呂場で敷布団を洗いました。

 

他にも小さな事件はたくさんありますが、飼ってから3年以上経っても家の中のノラ猫状態です。
とにかく人が近づくと逃げる、逃げ道がないと『シャーッ!』と威嚇するような状態です。
家族にもこの状態です。
この子はこの家にいて楽しいのだろうか、と思いましたが、先住猫とだけは仲良しなんです。

f:id:maekeeeeen:20150615070253j:plain

 

ペットショップで売られている猫は基本的に人間に慣れていて穏やかな性格の子が多いですが、保護猫は元々ノラも多く、過去の体験から人間不信になっている猫も多いです。
その為、犬とは違い一生飼い主になつかない可能性がありますが、責任を持って一生を見届ける覚悟を持つことが必要です。