ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

煽り運転対策にはドライブレコーダーと警告ステッカーのセットが効果的

f:id:maekeeeeen:20150530080645j:plain

車を運転していると一度は遭遇する後続車のイヤな煽り運転
腹が立ちますよね~。
何とか煽られないようにする事はできないものでしょうか?

 

煽られる原因は自分の運転かも

例えば、法定速度が時速50kmの道路で周りの車が+10kmの時速60kmで走行しているにも関わらず、法定速度を厳守して運転していませんか?
もちろん、法定速度を守る事は良い事ですけども、自車がボトルネックとなって渋滞を引き起こす原因とならないよう、周りの状況にあわせて走行する事も大事ですよ。
空気を読みましょう、協調性を持ちましょう、という事です。
法定速度+10kmくらいで周りの車と同じスピードで走行していたら、警察でもスピード違反で捕まえる事はそうそうないでしょう。

 

後続車への配慮が足りない運転をしていると煽られる事もあります。
右左折するときにウインカーを出さない、ウインカーを右左折する直前で出す、エコ運転のつもりでノロノロ運転する、など。

 

後続車の運転手が煽っている意識がない

自分の車間感覚がベストだと思っていますが、一般的に見て車間詰め気味で運転する人。
これは個人の感覚なので、周りの人が『もう少し車間空けようよ』と注意するしかないですね。

 

トラックって車間詰めすぎなんじゃ、と思う人多いと思いますが、トラックの運転手は車間を詰めているという意識がないんです。

トラックは乗用車に比べ運転席が高いため、路面を見下ろすような視界になります。その結果、路面を広くとらえることになり車間距離が長く感じられます。そのため「車間距離に余裕があるな」と考え、車間を詰めてしまうことがあります。

出典:安全運転アドバイス

 

また、たまに見かけますが、自車が法定速度よりもかなり速く走っていると、車間距離を空けられたくない、『振り切られてたまるか!』と必死にくらいつく後続車。
本能を理性で抑える事のできない、まるで、逃げる獲物を追いかける動物のような脳の持ち主なので煽っているという意識はないのでしょう、たぶん。

 

ワイドミラーのせいで煽られていると勘違い

標準でついているルームミラーが小さいので、ワイドミラーにしている方は多いと思いますが、曲面鏡タイプの場合、実際は車間距離が空いているにも関わらず、拡大して映るため車間が詰められているように感じてしまいます。

 

車間距離が気になる方は、距離感の変わらない平面鏡タイプのワイドミラーを装着しましょう。

カーメイト(CARMATE) ルームミラー 3000R パーフェクトミラー 270mm クローム防眩鏡 ブラック M9

カーメイト(CARMATE) ルームミラー 3000R パーフェクトミラー 270mm クローム防眩鏡 ブラック M9

 

 

僕も、曲面鏡タイプから平面鏡タイプに替えましたが、後続車がグっと迫ってくるような感覚が軽減されます。

 

煽り運転対策

最近よく見かけるようになったのが、リアガラスに『ドライブレコーダー録画中』のステッカーを貼った車。
実際、ドライブレコーダーは装着せずにステッカーを貼っているだけでもある程度の効果があるようです。

 

そして、後方を録画するドライブレコーダーも増えてきました。
ちなみに僕はこの前後方2カメラのドライブレコーダーを装着し、ステッカーも貼っています。

前後2カメラ式ドライブレコーダー FineVu T9 T9

前後2カメラ式ドライブレコーダー FineVu T9 T9

 

車間詰め気味の後続車が、信号待ちでドライブレコーダーとステッカーの存在に気づいて車間を空けるので効果アリです。

 

万が一、後続車の運転手が『なに録画してるんだ!』と因縁をつけてきたら、法的に何の違反もしていない、いまや街中いたるところに防犯カメラがある世の中なのにいまさら何を言っているんだ、と(勇気のある人は)言い返してやりましょう。
ただし、言い返してさらにトラブルになるかもしれませんので、穏便に済ませたいのであればひたすら謝りましょう・・・。