ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

今聴いてもカッコイイ『70年代ジャパニーズロック』3選

f:id:maekeeeeen:20141116141127j:plain

懐かしのあの歌、みたいな番組で流れる70年代の曲は、フォーク、歌謡曲、演歌ばかり・・・しかし、当時もカッコいいロックはありました。
今聴いても古臭さを感じない40年前のジャパニーズロック3選です。

 

外道


香り/外道(1974)

 

主に当時の不良(暴走族)に人気のあった3ピースバンド。
40年前の日本人の3ピースバンドが演奏したとは思えない音の厚みです。
動画に出てくる観客のノリ方が時代を感じられて面白いです。

現在、活躍しているアーティストのフォロワーも多く、B'z松本孝弘はソロアルバムで外道をカバーしたり、ライブで演奏しています。

ベスト外道

ベスト外道

 

70年代のロックバンドでこの完成度だったバンドは国内では、他に存在しないかと、あまり知られてないですが、かなりかっこいいバンドです。

出典:Amazon.co.jp: ベスト外道: 音楽

 

THE MOPS


IIJANAIKA(御意見無用)/THE MOPS(1971)

 

ボーカルは鈴木ヒロミツ
30代後半の僕としては、タレント活動や『ヤットデタマン』のEDテーマを歌っていた人のイメージが強いですが、THE MOPSでは迫力のある声で、思いっきりロックしています。

御意見無用+1

御意見無用+1

 

まず、音が始まって、今まで聴いていたものと違う気がしたとたん、なんと、英語で歌い始まりびっくりと同時に、鈴木ヒロミツのボーカルの凄さに圧倒されました。

出典:Amazon.co.jp: モップス : 御意見無用+1 - 音楽

 

Flied Egg


Rolling Down Broadway  /Flied Egg(1972)

 

ギターは成毛滋、ベースは後のスーパーギタリスト高中正義、ドラムは角田ヒロ(つのだ☆ひろ)
この曲はつのだ☆ひろがドラムを叩きながら英語で歌っています。
まさしく時代が追いつかなかったバンド。

グッバイ・フライド・エッグ

グッバイ・フライド・エッグ

  • アーティスト: フライド・エッグ,クリストファー・リン,Joe Josea,Sky Phillip,高中正義,つのだ☆ひろ,成毛シゲル
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2007/03/14
  • メディア: CD
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

成毛滋、角田ヒロ、高中正義、今考えると相当なメンバーだったのに当時は全く売れなかったというのが日本ロック界の限界だったのだろう。全く以って素晴らしいバンドであった。

出典:Amazon.co.jp: グッバイ・フライド・エッグ: 音楽