ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

火に油をそそいだだけの『ベネッセ』からのお詫び通知

f:id:maekeeeeen:20140923114028j:plain

ベネッセ』からやっとこさお詫び通知が届きました。
DMはガンガン送ってくるクセに、『お詫び』は遅いんですね。
火に油をそそぐ、ツッコミどころ満載のお詫び文です。

 

お詫び品の選択肢がおかしい

①500円分の選べる電子マネーギフト「EJOICA(イージョイカ)セレクトギフト」

※楽天Edy/Amazonギフト券/nanacoからおひとつをお選びください。
※選べる電子マネーギフトは、お手続き後すぐの登録(交換)が可能です。

出典:お詫びの品と「こども基金」の設立 | ベネッセお客様本部

 

②500円分の全国共通図書カード

※図書カードは新たにご用意する関係上、お届けまでに時間をいただいております。10月下旬以降のお届けを予定しておりますが、最長6カ月程度かかる場合がございます。何卒、ご了承ください。

出典:お詫びの品と「こども基金」の設立 | ベネッセお客様本部

電子マネーギフトは手続きが面倒だし、図書カードは届くまでに時間がかかり過ぎます。
それであれば、最初からクオカード等を手続きなしで全員に送付する、受講費を割り引く、でいいのではないでしょうか。
お詫び品を受け取る為に、被害者に手間をかけさせるのはどうかと思います。

 

③「財団法人ベネッセこども基金」へのご寄付 500円

上記のお詫びの品にかえて、「財団法人ベネッセ こども基金」へのご寄付をお選びいただくことも可能です。
その場合、一件あたり500円を当基金へ寄付し、活動に役立ててまいります。

出典:お詫びの品と「こども基金」の設立 | ベネッセお客様本部

まず、『財団法人ベネッセこども基金』とは何なんでしょうか?

今回の事態の重大性、広範囲にご迷惑をおかけしたことに対する弊社の社会的責任などを考慮して、お詫びのあり方についてさまざまな検討を行って参りまし た。その結果、未来ある子どもたちへの支援や子どもたちが安心して学習に取り組める環境の確保などを目的として、「財団法人 ベネッセこども基金」の設立 を決意するに至りました。

出典:お詫びの品と「こども基金」の設立 | ベネッセお客様本部

お詫びのあり方を散々検討した挙句、自社で基金を設立して、運営資金は被害者の皆様が寄付してね、という事のようです。
百歩譲って、設立から年月が経っていて、それなりの素晴らしい実績があれば寄付する方もいるかも知れません。
しかし、出来たばかりの海のものとも山のものとも思えないものに寄付してくれる被害者がいる、と思える思考にビックリしました。

そして、なんとこれらのお詫び品の申請は、2014年12月15日までという期限が設けられているのです。

 

火に油をそそいだお詫び通知

個人情報漏洩に関しては残念ですが、システム側での設定ミス/設定抜けは起こりえる話ですので、個人的には『しょうがないなぁ』くらいの気持ちでした。
しかし、今回の事後対応は非常に違和感を感じました。
もちろん、最終的に社長がGoサインをだしたお詫び通知でしょうが、この内容である程度騒ぎは収束する、と考えていたのでしょうか。
ベネッセ』社内から反対意見はなかったのでしょうか。

いかに『ベネッセ』が世間の感覚とズレているのかを如実に表したお詫びの内容でした。