ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

色々報道されている『デング熱』についての正しい情報をまとめてみた

f:id:maekeeeeen:20140905235631j:plain

 最近、ニュースを騒がせているデング熱
70年ぶりのデング熱』『毎年200人ほどデング熱に発症』と相反する内容が報道されていますが、いったいどういう事なのでしょうか?
毎年200人ほど・・・』というのは、海外でデングウイルスに感染、日本でデング熱を発症した人が毎年200人程という意味です。
今回は、70年ぶりに日本国内でデングウイルスをもつ蚊に刺された人がデング熱を発症しました。

 

毎年世界でデングウイルスに感染する人数

世界的に見ると、毎年最大で1億人近くが感染しているようです。

世界的に見て、デング熱の罹患率は、最近の数十年間で劇的に増加しています。現在、25億人以上(世界人口の40%以上)にデング熱のリスクがあります。現在、WHOは、世界中で毎年5000万人から1億人がデング熱に感染していると推計しています。

出典:FORTH|最新ニュース|2013年|デング熱と重症型のデング熱について (ファクトシート)

これまで、海外で感染して日本でデング熱を発症した人数が毎年200人ほどというのは先程説明しましたが、日本人の海外渡航者数は平成25年度は1700万人ほどでした。

平成25年における日本人出国者数は約1,747万人で,前年に比べ約102万人(約5.5パーセント)減少しました。

出典:法務省:平成25年における外国人入国者数及び日本人出国者数について(速報値)

毎年、これだけの人数が海外へ行くわけですが(渡航した地域にもよりますが)発症者数は200人しか出ないのでしょうか?

デングウイルスに感染した場合、かなりのパーセントのヒトが不顕性感染に終わると考えられている。しかし, 実際,感染者のどのぐらいの率が不顕性感染として終わるかということはよくわかっていない。

出典:デング熱

 

不顕性感染、つまり、感染していても無症状の人はかなりの数にのぼるようです。
もしかしたら、夏風邪と思っていたのが、実はデング熱に感染していた、という事もあるのかもしれません。

 

感染を予防するには

 

まず、人から人へは感染しません
であれば、感染者は隔離しなくても良いのか?といえば、そうでもありません。

蚊がデングウイルスに感染した人を吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖します。
そして、その蚊が別の人を刺すことで感染します。
感染した人は、蚊に刺されて感染を拡大させないために、蚊取り線香などを炊いた部屋に閉じこもっておくのが、一番かもしれません。

 

厚生労働省のサイトで『デング熱に関するQ&A』があるので、ご一読をお勧めします。