ザツログ

雑学、幕末、80年代、ブログカスタマイズ、ITトラブルシューティングなど。

MENU

【広島土砂災害】知っておきたい地名の由来

Cloudburst damage of Hiroshima in 2014 Yagi-3

2014年8月に広島で発生した大規模な土砂災害では、地名の由来にもスポットがあてられました。
地名の由来がわかると、家や土地購入の判断材料の一つになるのかもしれません。

 

蛇落地悪谷

f:id:maekeeeeen:20140827112356j:plain

出典:http://geitsuboo.com/blog-entry-12075.html

上の写真を見ると、蛇が通ったような形に水が流れています。
この一帯は蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)と呼ばれていたようです。

平野孝太郎さん(71)は「昔は蛇が降るような水害が多かったので、
悪い谷・悪谷と名がついたそうです。八木蛇落地悪谷が八木上楽地芦谷と改名され、 さらにいまは八木だけが残ったようです」という。名前が変わるうちに「土砂崩れ」の教訓も忘れ去られたらしい。

出典:「蛇落地悪谷」と呼ばれていた広島・土石流被災地―蛇が降るような大雨たびたび : J-CASTテレビウォッチ

蛇落地悪谷という地名のままで住宅を売り出していたら、誰も住みたがらないでしょう。
そもそも、不動産屋はこんな名前では売り出しません。

 

現在の地名に変更された理由がある

例えば大阪
日本史の授業を思い出して下さい。
江戸時代の表記は大坂と習ったと思います。
なぜ、『』から『』に変わったのでしょうか?

明治初頭は士族の反乱が相次ぎ、明治10年の西南戦争を最後に収束します。
』という文字を分けると『』と『』になり、『士(サムライ)』が『反乱する』という意味に捉えられたようです。
それともう一つ、『土に返る』と捉えられ、死を想像させる文字だったようです。
上記のような理由で、大阪となりました。

 

もう一つ。
大阪府枚方市に楠葉(くずは)という町があります。
この地名の由来が何とも言えないのです。
結論から言うと『糞袴(くそはかま)』が語源です。

逃げ場を失った兵士達は恐怖の余り糞を漏らして袴を汚してしまった。そのためここは「糞袴(くそはかま)」と名付けられたが現在は「久須婆」と呼ぶと書かれている。

出典:「楠葉」の由来について、宿題を頂いてました。 - 自然体で、興味を持ったことを・・平成25年6月:間質性肺炎患者に - Yahoo!ブログ

 

地名には何らかの由来がある

地名は、その土地の地理歴史が集約されていると言ってもいいかと思います。
広島で発生した土砂災害で被害の大きかった辺りは、蛇落地悪谷と呼ばれていた事は先に書きました。

さらに、昔話で水に関係することの多い「蛇」や「竜」などが使われた地名も、水害に関係する場合があるでしょう。

出典:地名に隠されたメッセージ [土地購入] All About

上の引用でも書かれているように、やはり過去に水害があった地域であることが濃厚です。

 

不動産屋がこのようなあまり語感の良くない地域の住宅を売り出す際、『~台』『~丘』などの地名を新たにつけることが多い為、住宅購入前にその土地の図書館の郷土資料などで過去の地名を調べると良いかもしれませんね。